女医ときどきいいこと

お金に働いてもらい自分は楽しよう

ふるさと納税を最大限お得にする方法とは?楽天ポイントを大活用!

約 8 分

スポンサーリンク

こんにちは、miyoです。

今回は、ふるさと納税をやるとお得だよ、さらにお得にする方法があるよという話です。

ふるさと納税をお得にする方法ってなにかあるの?って方に読んでいただきたいです。

ここで、

ふるさと納税はとても有名になっていますが、まだふるさと納税をしたことがない人はいますか?

知っているけどめんどくさくてやっていない人、実はまだ結構多いみたいなんです…

やっていない方に!

やってない人は一言でいえば、もったいないです!

ふるさと納税は、ふるさとを応援できるほかに、寄付した側にもたくさんのメリットがあります。

すごく簡単にできちゃいます

めんどくさがらずに、やってみると簡単で拍子抜けすると思います(笑)。

それに、ふるさと納税は、国や市町村が始めた制度であり、制度というものは莫大な税金が投入され作られています

ということは、自分たちが支払った税金をただただ使われるだけで、何の見返りもないなんてもったいないですよね

国が行うお得な制度は、NISA然りつみたてNISA然りIDeco然り、活用していくほうが良いと思います。

ふるさと納税をまだやっていない人がいるのならば、これを読んでいただき、今年分を早めに始めておくといいと思います。

年末なんてすぐ来ちゃいます。

駆け込みで、一度にすると出費が辛いですので...(笑)。

ここでは、ふるさと納税とはなにか、仕組み、ふるさと納税するだけでなく、さらに、よりお得にする方法についても書いてあります

わたしも今年は計画的にふるさと納税していきます!

と、決意してみる!

いつもは年末に駆け込んでふるさと納税しているため、一気購入で負担が大きいです・・・(苦笑)。

では、分かりやすく説明していきます。



ふるさと納税とは何か?



ふるさと

ふるさと納税をまだしたことない方、そもそもふるさと納税って何なの?って方に、簡単に分かりやすく説明します。

ふるさと納税は納税と書かれていますが、税金を納めるのではなく、都道府県、市町村へ寄付することをいいます。

生まれ育ったふるさとを出て都会で住むようになった人たちは、税金を都会で払うようになります。

生まれ育ったふるさとで教育を受けたわけですが、納税はそこではされないんです。

田舎は若者がいなくなり、納税者が減ってしまいます

これがどうにかならないかと議論されてきました。

一般的にふるさと(自治体)に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。

ふるさとに寄付したい人は、これを利用するしかありませんでした。

そこで、さらにふるさとに寄付しやすい環境を作るためにこの制度ができました。

ふるさとも寄付が増え、さらに、寄付する側も得をする制度。

素晴らしいですね。

なんと、ふるさと納税では、原則として自己負担額の2000円を除いた全額が控除対象となります。

さらに、税金が控除されるだけでなく、寄付したその都道府県・市町村から返礼品が送られてきます

大体、寄付した額の3~4割程度の品が届くのですが、地元でしか買えないような良いものが送られてくることも多いです

ふるさと納税は、ご自分のふるさとに寄付してもいいですし、自然災害にあったところに寄付したいボランティアにまでいけなくても寄付がしたい人はその市町村に寄付しても良いんです。

自分が住んでいる市町村以外のどこでも寄付することができます

ここはポイントです。

自分が住んでいる市町村に寄付しても税金控除はされません(笑)

自治体としては、自分のところなら、ちゃんと納税しましょうというところでしょうか。

わたしは、生まれも育ちも同じ場所の田舎ですので、ふるさとってないんですよねぇ。

でも、医局の人事で他県に派遣されていたときの市を懐かしく思い、いろんな方に助けてもらったので、そこにふるさと納税したり、仕事が忙しくボランティア活動はできなくても、寄付はすることはできますので、そういうときに利用しています。

税金の控除はいくらされるの?



ふるさと納税控除

ふるさと納税すると、先ほど書いたように、自分の選んだ自治体に寄付を行うと、控除上限額内の中であれば、2000円を差し引いてそれ以外の税金が控除(所得税+住民税で)されます

2000円は、寄付1回1回ではなく、年間で2000円がかかるだけですので、安心です!

さらに、税金が控除されるだけでなく、寄付したその都道府県・市町村から御礼品が送られてきます。

控除上限額は、年収や家族構成で異なりますので、事前に調べておきましょう

これ、間違えると、寄付するだけになります…(税金控除は上限を超えた分はされません)。

ふるさと納税とググれば、すぐに簡単に控除額は調べられると思います。

大体の控除額を知りたい人は、楽天のふるさと納税ホームページから簡単に無料でシュミレーションもできますので、控除額が知りたい人はやってみてください

控除金額のシュミレーションをする

税金控除されるにはどうしたらいいの?



税金控除されるには、確定申告するか、ワンストップ特例制度を申請すれば、所得税、住民税から控除されます

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みで、手続きを簡素化できます。

確定申告をする必要がない方は、ワンストップ特例制度を利用すると良いと思います。

ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。

ワンストップ特例制度を活用したいなら、寄付する時に、自治体からワンストップ特例制度を利用するか聞かれますので、そのとき利用するにチェックを忘れずにいれましょう。

ちなみに私は、いろんなところに寄付したいので、5自治体では収まらないこともあり、確定申告をしています。

そのときは、寄付した自治体から証明書が届きますので、確定申告に書き、証明書を提出するだけで、控除されます

ふるさと納税すると返礼品はどんな物が返ってくるの?



ふるさと納税返礼品

寄付をしたときに、返礼品はやはり楽しみの一つになります。

最近の返礼品はないものがないんじゃ無いかってくらい増えていますよね(笑)。

そして、返礼品を探すのは、お買い物感覚で寄付できるのでいいですよね。

ふるさと納税の品って、その自治体の特産品が多いです。

大体、寄付した額の3~4割程度の品が届くようになっています。

以前は、5~6割のものもありましたが、勧告を受けたためほとんどなくなっています。

私の個人的な意見ですが、地元でしか買えないような良いものが届くことが多いと思います。

それはそのはず、ふるさと納税を受けた自治体も再度ふるさと納税してもらった方が嬉しいに決まっています

ですので、やはりお礼品はかなり吟味していると思います(そんなドキュメンタリーをテレビで見たことがあります)。

ふるさと納税サイトを見ていると、高級果物や高級和牛、高級魚、ウナギなどの食品から、ジュース、ビールなどもありますし、家電もありますし、宿泊券なんかもあり、みているだけで楽しいです。

また、体験型のものもあり、体験型そば打ち体験、乗馬、釣り体験、ダイビング、ヨガ、物作りなどいろんなものがあります。

ふるさと納税して、ふるさとを応援できるだけでなく、おいしい特産品をいただき、特産品をもらうということはそれを作っている人を応援することにもなりますね

どんどんふるさと納税し、ふるさとを応援したいですね(限度額に注意です)。

ふるさと納税するならお得にしよう!ポイントをがっつりためる方法





せっかくふるさと納税するするなら、少しでもお得にふるさと納税したいですよね。

それは、みな同じです。

どのサイトもポイントが付いたりするんですが、私のみた中では、楽天市場ふるさと納税サイトがポイント率が最強だ思います。

なぜなら、楽天市場ふるさと納税サイトは、楽天ショッピングと同様なポイントが付くからです。

スマホから、さらに楽天カードで決算すれば、すでにポイントは5倍・・・

さらに、お買い物マラソンにもふるさと納税は参加でき、対象内です!

これは大きいですよね。

高ポイントを獲得できます。

いろんなポイント10倍~20倍なんかも可能です。

楽天市場ふるさと納税サイトのお買い物マラソンだと最大42倍があるそう・・・

わたしはここまで獲得したことはありませんが(笑)。

市町村に寄付したら、節税できて、嬉しい返礼品ももらえて、うまくポイントもらえたら、良いことずくめす。

ちなみに、わたしは、去年、ふるさと納税していただいた品は、

和牛(しゃぶしゃぶ、焼き肉)、和歌山のシャインマスカット、宮崎マンゴー、ビールなどなどです。

これ、普通に買ったら、10万円以上するでしょうね・・・

これが、たった1年に2000円の手数料で、税金が引かれますから、実質タダのようなものです。

また、その手数料さえも楽天ポイントで軽々元が取れるというか、さらに上乗せでポイントがもらえるわけです。

例えば、お買い物マラソンで10倍ポイントを獲得できたとすれば・・・(10倍くらいは楽天お買い物マラソンに参加すれば簡単にいきます)

10万円ふるさと納税すれば単純計算で1万円のポイントが付くわけですね。

ちゃっかりとポイントをどんどんつけて得しましょう!

ですので、私はもっぱらお買い物マラソンめがけて、楽天市場ふるさと納税サイトを利用しています。

まとめ



先ほどから何度も言っていますが、ふるさと納税、これは、市町村が作ってくれた大切な制度です。

この制度を使わないのはもったいないです。

ふるさと納税のお礼品は、本当に素晴らしい物が多いです。

それは、地元の特産品を直に送ってもらえる、というのが強みではないでしょうか。

今年は、旅行券なんかにも挑戦したいなと思っています。

寄付したら、有名温泉宿に泊まれるというものもあります。

まあ、大分高いですが、一点集中もありかと思います(笑)

税金控除でそんな素敵な宿に泊まれるなら、奮発もしたくなりますね。

制度をフルに活用し、さらに、お買い得にふるさと納税しましょうね

私は、いつも年末に、ふるさと納税を全然してないことに気づき慌ててふるさと納税するんですが、一月にかなりの出費になってしまうので、計画的にふるさと納税することをおすすめします。


計画的にふるさと納税して、日本を元気に!そして、返礼品、節税で自分もうれしくお得になりましょうね!!

楽天市場ふるさと納税サイトでふるさと納税できます。

スポンサーリンク

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)